48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

シェアハウスの立上げ ~備品の設置

今日は業務委託元が新築で設計したシェアハウスに必要な備品を導入作業をしました。

え?備品?

そんなのネットで買って届けてもらえればいいんじゃないの?

そんな風に思った人もいるでしょう。

ここで言っている「備品」とは細かいものだけでなく、

テーブルや冷蔵庫、机、椅子、ベッド、洗濯機といった大型家具も含めています。

しかもできるだけ安く仕入れたいために、

組立式であることが多く、その組立や設置作業を自分たちでやることで

初期費用を下げる工夫をしているのです。

ということで社員の方と早速現地へ。

シェアハウス立上げの現場で作業するのは初めてでした(^^)/

setting2.jpg

ほら、こんな感じで電動ドライバーで、ががが~ぁ・・・

setting1.jpg

これは個室につく洗面台の化粧台(鏡付)です。

意外と重いんです(^^)/

やってみるといろいろコツがわかってきます。

そして一度経験すると次から妙に自信がでてきます(笑)

経験って大事だな、と思いました。

自分のシェアハウスを運営するときもこのようなプロセスを経ることになるので、

とても参考になりました。

んで、肝心の作業は今日一日で終わらず

明日もです。あひょ~^^