48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

ブレスト

今日は朝から慌ただしかったぁ。

月に2度しかない金属、陶器、ガラスゴミ収集日で

朝早くゴミ出し。

月初なのでオーナーへシェアハウスの運営状況をレポート。

細かい総務的な仕事をして

現在の物件状況を分析。

お昼をはさんで会計ソフトに経理情報を入力して

今月入居される方の契約手続き。

ジムにいって軽く走って

事業パートナーと打合せ。

ノートに書いた本日のタスクリストが一杯になっていました。

中でも事業パートナーとの打合せでは前進がありました。

元々は少し先の話をしようと思っていたのですが

私から直近の課題の共有をしたい、と

そちらの話をしたら、結局ずっとこの話。

・本来の期待値

・今後の期待値

それぞれの視点から考察ができました。

なんどもこのブログでは触れていますが、

1人で考えるよりは2人。

圧倒的に世界は拡がりますね。

「え〜〜?」という突拍子もない意見もでてきます。

でもそういうはみ出しが大事なんですね。

ちょっと耳にしただけなら

「現実的には無理無理」と思えることでも

なぜそういう発想になったかという

その背景や思い、期待、懸念などを知ることで

自分が無意味に作っていた壁やハードルに気づくキッカケになります。

ここが自分1人だけではできないこと。

自分の殻を破るのはそう簡単ではありません。

パートナーにはいつも感謝です。

今日は打ち合わせ前にランニング。

昨日の雷雨もあって3日全然走っていなかったので

やっと再開。

脚の筋肉が固くなってしまっていました。

ランの後はもちろん牛乳。

そしていつものではなく、今回はくまもん(^^)

20170404_1.jpg