48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

来客

GW後半2日目。

今日もいい天気です。

ビジネススクール時代の友人が午後MBAシェアハウスを訪れてくれました。

MBAシェアハウスでは私が通っていたビジネススクールの卒業生が

私含めて5人います(^^)

そのうちの2人がこの学友(今後Mさんとします)とお仕事の話で

ということでシェアハウスにお招きしたそうです。

Mさんは私がシェアハウスの運営を始めてから4ヶ月後に独立し

一般社団法人を立ち上げました。

・同じビジネススクールに在学

・同期

・同じ時期に脱サラして独立

・実質1人で運営

と共通項が多く、同窓会などで会うたびに

お互いの近況を話し合って励まし合うような仲間です。

パートタイムでお手伝いしてくれる人は複数人いるのですが、

企業活動にフルタイムコミットしているのは自分1人という状況も

お互いに同じ環境。

顧客への営業活動、

テキストを作成する設計活動、

海外とプログラムの開発活動、

そして総務や経理といった支えの活動、

すべてをこなすことの大変さとやりがいを

身体で感じているところも共通点(^^)

私のシェアハウス事業でも

ホームページやポータルサイト、広告を通じた営業活動

より住みやすい環境を作る設計活動、

コンセプトを産む開発活動、

活動の骨子は共通しています。

Mさんの今の状況を尋ねてみました。

やりたいことに着手できてないことが多く

もどかしい思いがたくさんあるのだけど、

今いただいている仕事を一つ一つ丁寧に取り組んでいます、

とのこと。

事業規模の拡大はもちろん考えていないわけではないし、

そのために雇用やパートナーシップ、

資金調達など考える事はよくあるのだけれど、

今は地に足つけて堅実にやっていきたい、と。

そうなんです、私も同じ心境。

私の場合、この業界に入ったばかりで

まだまだわからないことが多いし、

いろいろ試してみたいこともあり、

もっとオペレーションの経験を積んで

力を蓄えたい、という気持ちが強いです。

今日同期の動向を何気なく皆で確認してみたら

ビジネススクールに入学した後に

独立したのは我々含めても数人にとどまるみたいです。

そんな数少ない同じ境遇の仲間、

これからの頑張りを応援したいし、

励みにさせてもらいたいと思います。

あ〜写真撮り忘れた〜〜

clm_mba04.jpg