48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

睡眠とアルツハイマー

私は雑学を知ることが結構好きです。

それもTVの知識系やトレビア的な番組からその情報を得ています。

特にNHKの「ガッテン!」は重要な情報源だったりしています(笑)

事の真意を確かめる余裕はないので

個人的に筋が通ってるなと思えることに関心を強く持ちます。

 

今週の「ガッテン!」はアルツハイマーが予防できる、という内容。

これまで予防法がなく、発症したら治癒は困難、という認識でいたので

どんな内容なのか興味津々でした。

 

結論:よく寝ること

 

どうもアルツハイマーの発症に深くかかわるアミロイドβタンパク質なるものが

睡眠中に脳の外に起きているときよりかなり多くの排出をしているそうです。

質のいい睡眠がアルツハイマー発症リスクを大幅に低減させる効果がある、というもの。

しかも30分以内の昼寝があるとより効果的だそうです。

 

ほ〜、やはり万病の治療は寝るに限る、か・・・

 

そういえば最近目覚ましかけないな、とふと思いました。

朝早くのアポが殆どないのが理由なのですが

確かに朝自然に目が覚めるにまかせて睡眠をとっていることに気づきました。

昼寝もしています。

昼食を取った後どうしても眠くなり

20分ほど仮眠するようにしています。

その後はすっきりし、我慢して起きているよりは作業がはかどるからです。

 

なんか自分の行動が認められた気がして

ちょっと嬉しかったりする能天気さ(笑)

 

脳を積極的に活用することも必要だそうです。

囲碁や将棋といった知的ゲームは

アルツハイマー防止という観点でもいい遊びだそうです。

 

ふと両親の様子が浮かびました。

80を超えた父。70代半ばの母。

父は食事が終わるといつもソファでいびきをかいています。

夜はやや夜更かし気味ですが

父も母も目覚ましを使わず自然に任せて起きているようです。

そして2人共囲碁好き。(二人揃ってアマ有段の実力らしい)

アルツハイマー予防という観点ではいいライフスタイルだなぁ、と。(^^)

 

まだまだ研究の途上のようですが

私が心配するような年齢のときには

予防や治療が当たり前のようになっているかなぁ。

 

まずは「寝ることはいいことだ」と言い聞かせて

今晩もたっぷり寝ま〜す(笑)

 

写真はMBAシェアハウスの裏庭。

テーブルが有るのでちょっとしたオープンカフェです。

 

20170518_1.jpg