48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

スピードは人それぞれ

今日は2つほど打合せ。

一つは建築設計事務所と、運営切り替え物件について。別の運営会社が担当しているシェアハウスで運営会社の切り替えを検討しており、その切替先に弊社が候補に上がっています。実際に切り替わるかどうかはまったくわかりませんが、準備は進めている所です。その話の流れで現在の物件を通じて、「こうした方がいい」と思われる点を色々と意見交換できました。

二つ目はTくんと。日曜日に一緒に探索したのですが今回は週例の打合せ。先ほど運営切り替えの可能性がある物件をもし預からせてもらえた場合に備えてプロモーション内容について議論。我々の話はたいてい用意した議題にとどまることができずに、いろいろと脱線します(笑)今回もたくさん脱線しました。この脱線の中に色々とヒントがあり、明日からの行動を支えてくれます。

こうやって動いていると周りもなんか動いてくるような気がします。偶然だろうと思いますが、夕方ジムでランニングしていたら、お付き合いのあったデベロッパーの方から「今物件やる余裕ある?」と打診がきたり。シェアハウス運営事業って、お客様からの問合せを待つ立場ですが、問合せしてもらうための環境作りは動き続けることが必要です。スピードの大小はあってもそれは他人と比較しなければいいだけで、自分のスピードで歩んでいけばいいと思っています。

そして今日の最後には、先日内覧にきていただいた方から入居を決めたという嬉しい連絡が入り、いい締めくくりになりました。

写真は船堀のシェアハウス近くにあるコンビニのイートインコーナー。2,3ヶ月前に改装され広いイートインコーナーができたんです。駅の近くなのでちょっとコーヒー飲みながら勉強や仕事するには、うってつけ。

20171003_1.jpg