48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

スチール棚

午前中は細かいタスクをちょこちょここなして、宅建の勉強に取り掛かれたのはやっとお昼。月末のフルマラソンに向けて体重を落とすため、脱昼食を実施中。普段朝食もとっていないので、1日1食状態ですが、なかなかきつい(^^;;

午後になって待っていたルミナスのスチールラックが到着。

これはMBAシェアハウスでゲストルームに使っている部屋の押し入れに設置しようと購入したものです。

幅と奥行きがそれぞれ80cmくらいずつあり、高さが175cmほどで、正方形の底面を持った長方体の空間です。

ゲスト用の布団、洗面道具とか私の季節の衣類とかを棚に収納しつつ、元々ついていたクローゼットとしての横棒に洋服も掛けられるような勝手にするのが狙いです。

先日も自分の部屋のクローゼット空間にルミナスのスチールラックを設置してプチ書斎にアレンジしたことをご紹介させていただきました。(6月8日)

ルミナスのスチールラック、比較的手頃な値段で色々なサイズがあり、とても便利です。

今回は幅79.5cmで奥行き34.5cm高さ175cmの6段セットを1つ購入。

さらに70cmのポールを2本と、幅79.5cmで奥行き34.5cmの棚を2つ、棚用ジョイントを購入。

下の2段は幅79.5cmで奥行き34.5cmの棚が2枚ジョイントで接続され奥行き約70cmの大きな棚になりました。

ここに長さのある真空パックにいれた布団や、裁断機といった大型の器材を収納。

上の3段には衣替えでしまう予定だった夏服が入ったカゴ(6月8日のラックにいれていたもの)を収納。

このカゴはニトリで購入。

かな〜りすっきりしました。

写真はごちゃついているように見えますが、棚を入れる前は悲惨でした(笑)

ルミナスのスチール棚はある程度規格化されているため、カラーボックスにぴったりサイズのニトリのカゴもうまく収まります。

こういう時は規格化されている製品は助かりますね。

小さい部屋でもこのように棚をうまく活用することで収納力はぐっとあがります。

できるだけ荷物を隠れたところに収納して、狭くても開放感を感じる空間を確保したいものです。

シェアハウスの間取り設計をよく考えるのですが、こういった「収納」という要素はかなり重要なポイントだと思っています。

試験が終わったらキッチンとリビングのスペース作りです。

規格化されていないスペースなので(笑)

今度はDIYしないといけないかも・・・

20171007_1.jpg