48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

法人での証明書申請

NTTの名義変更の手続きをしていることを先日ご紹介しました。

電話権譲渡という手続きになるのですが、合わせてプロバイダにも名義変更のお知らせをする必要があります。

NTT東日本でギガ楽サービスで、WAKWAKというプロバイダを利用しているのですが、こちらの名義変更では譲渡側、譲渡先両方共印鑑証明書が必要です。

個人から法人への譲渡でも法人の印鑑証明書が必要になるのです。

個人の印鑑証明書はコンビニで取得することを先日学びました。

しかし法人の印鑑証明書はそういうわけにはいきません。法務局もしくはその出張所に出向く必要があります。

面倒だなぁと思ったので他に取得できる方法がないか調べてみました。

するとオンラインで申請し郵送にて手にすることができることがわかりました。

法務省のホームページ

ただこのシステムを使うためには、電子証明書を取得しなくてはなりません。

私はここで断念することになりました。

手続きが面倒なのは、我慢できるのですが電子証明書を取得するのに手数料がかかるのです。

法務省の説明ページ

12ヶ月有効で7,900円、24ヶ月で15,100円

1ヶ月650円程度。毎月なにかしら証明書を必要とするのであれば、取りに行く手間と交通費を鑑みて、やむを得ないかなと思いましたが、なんせ今回の譲渡手続きくらいで普段証明書の取得を必要としないので、この費用はもったいないなぁ、と思いました。

ちなみにパソコンはWindowsマシンが必要です。

役所に関連するソフトはMacをサポートしていないんですね。Macの中でWindowsを走らせることはまだやっていないので、まだまだMacOSWindowsの併用です。。。

なお法人の印鑑証明書をオンラインで取得する流れは簡単にいうと以下の通りです。

・「商業登記電子認証ソフト」を法務省のページからダウンロードする

・必要事項を記載して指定されたファイルを媒体に記録して管轄登記所へ申請(これもまた面倒)

電子証明書を取得

・「申請用総合ソフト」を法務省のページからダウンロードする

・申請書を作成

電子証明書を使って承認

確定申告や不動産登記事項取得などはオンラインで費用をかけずできますが、法人関連は私にはまだ先ですね。

勉強になりました。

写真は昨日差し入れいただいた伊勢海老。捌いてみました(^^)

頭と殻で味噌汁を作ってもらったのですが1日たった今日は味がしっかりでて見事な味わい(^^)二日酔いに贅沢な味噌汁でした(^^)

20171021_1.jpg