48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

ご褒美旅行

富山マラソン翌日の楽しみの一つはホテルの朝食。バイキング形式なのですが、富山名産のおかずがいくつもあり、その上ご飯が美味しいときているから、ついつい食べ過ぎちゃいます。ホタルイカの沖漬け、サス(かじきのこと)の昆布締め、アオリイカの刺し身、などなど・・・焼き魚はニギスだったかなぁ。アジやサクラマスのハラスなども。富山湾の素材が朝食にふんだんに盛り込まれています。

レースを頑張った自分へのご褒美でレース翌日はどこかしら旅行をしています。昨年はトロッコ電車に乗りに行ってきました。今年は最初黒部ダムに行こうかと言っていたのですが、あいにくの天気だったので変更して金沢へ。

大人の休日倶楽部で北陸フリーきっぷを購入したので、自由席であれば新幹線も乗れます。富山金沢間は在来線ですと1時間かかりますが、新幹線では20分。早いですね。

金沢は金沢駅周辺に観光スポットがあるので、バスによる移動が便利。北陸鉄道バス(通称北鉄バス)の1日フリー乗車券を駅の案内所で500円で購入。金沢の駅の観光案内所は大きくてシステムもしっかりしている印象です。観光に力いれているなぁ。。

荷物をコインロッカーにあずけて、まずは「ひがし茶屋」へ。小さな古い町並みを活かしたカフェや名産品の販売店が並んでいます。和菓子、金箔、麸、九谷焼、お酒、甘味処、このあたりがメインでしょうか。はなやかで贅沢を楽しむ、そんな雰囲気を感じました。

続いて近江町市場へ。名物の海鮮丼があるということで「山さん寿司」へ。1時ごろ着いたのですが、10数人ならんでいました。30分ほど並んで入り、名物の海鮮丼と生ビール(^^)

20171030_2.jpg

この海鮮丼で3,000円。ネタを考えたら安いと思う(^^)

お腹が満たされたところでバスに乗って兼六園へ。高校卒業した時に一度来た覚えがありますが、ほとんど記憶になく実質今回が初めてみないなものです。

思ったほどの広さはないのですが、全体が大掛かりな盆栽のようで、1つ1つの木々や地面を覆っている苔など、手入れが行き届いており、1年を通した変化を楽しむところなのかな、という印象をうけました。

一緒に観光していた友人が家族の都合で、あまり遅くならない時間で帰りたい、ということだったので、ほどほどのところで切上げ金沢駅へバスで戻りました。フリーきっぷで帰りの新幹線チケットを発行してもらうのですが、どうも友人がそのフリーきっぷを紛失した模様。。。残念ながら新幹線チケットを購入することに。。。

最後にそんなハプニングがありましたが、帰りは駅弁を買って三列シートを2人で占領して宴会(^^)マラソンの感想から、仮想コインの話までいろんな話をしてきました。

今年の大きなイベントが1つ終了。来年もまたチャレンジしよう(^^)

20171030_1.jpg