48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

きっと、うまくいく

昨日実家に宿泊し、仮押さえしていたアポが入らなかったことや、夜は横浜にでることになっていたので珍しく実家でこの日は過ごしました。

午前中は片付け。今回もたくさん廃棄ができ、また少しスペースが出来上がりました(^^)

よしよし、着々と進んでいます(^^)

その流れで2つほどヤフオクに出品。

 

でかけるまで時間があったので映画を見ることに。

「きっと、うまくいく」インドの映画です。英語耳の講師にクラスで紹介してもらった映画の一つ。講師が「とても素敵な映画」とおっしゃっていたので気になっていた作品の1つでした。

インド映画は見たことないのですが、聞いた話では、明るいかと思いきや突然涙を誘われたり、かと思いきや突然歌い踊り始めたり、いろんな要素がてんこ盛りらしいと(^^)

2時間50分の大作なので、Amazonビデオをパソコンから大型テレビに映し出してじっくり鑑賞しました。

 

うん、観てよかった。突っ込みどころはいろいろあるのですが、この作品を通して語られることにとても多く共感をうけました。

・親より先に死んではいけない

・精進し努力すれば結果はついてくる

・勉強とは競争するためではなく、学を楽しみ役に立たせるためにするもの

・己の人生は己で切り開くもの

主人公と対立する工科大学の学長を通して、いろいろな風刺を見ることができます。

確かに途中で突然歌って踊って、というシーンはいくつかありました(^^) でもそんなに違和感はなく、むしろこの長い映画の進行にあって、ちょっといいアクセントだったかもしれません。

 

All is well

 

この映画の英語のタイトルです。

主人公のランチョーが困ったときに手を胸に当て口癖のように言っていた言葉。

いい言葉ですね。

私も使ってみよう(^^)

 

水戸黄門のように最後はスカッとする展開で、気分良く横浜に繰り出しました(^^)

横浜では前職の当時の若手メンバーの集まり。

当時は20代〜30代でしたが今や40〜50代。。。

それでも皆さん変わりなく、昔のまんま(^^)

 

20171124_1.jpg