48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

いろいろ考える

皆さんのライフを応援することをシェアハウスの運営という形で実現しようと、今こうして活動しています。

運営者という立場で、入居される方々とのつながりはとても大切な要素の一つと思っています。

つながり方は人それぞれで千差万別。

皆さんのこれまで生き方や今後の行きたい生き方によって、かかわりかたは様々です。

ある属性を定めて「こういう人はこう対応すればいい」という関わり方もなくはないです。

そうすればマニュアルのように言語化されて、自分以外の人も同じようなサービスを提供できるようになります。

私以外の人でもできるようになるので、事業拡大が可能になりますね。

と同時に他の人に真似されやすくもなるので、サービスの陳腐化も加速することになります。

私はまだ試行錯誤で1対1でその人にあった応援の仕方を考えるようにしています。

言語化はなかなか難しいです(^^)

なので私以外の人に同じようなサービスをお願いすることはかなり難しいので、事業領域は私のキャパシティに大きく依存します。

その分真似されにくいし、独自性を育むことが可能です。

そんな路線を亀のように歩んでいますが、それでもなかなか期待通りには事は運ばないものです。

かかわりすぎるのもよくないし、かかわらなすぎるのもよくないし、

どんな関わり方がいいのか、暗中模索しています(^^) なやまし〜。。。(^^)

写真は今日の夕飯。卵は色が悪いけど、半熟卵をダシに浸したもの。明日以降もっと美味いに違いない。最近は肉より魚が食べたいと身体が言ってる。揚げ物はイカ。

20171211_1.jpg