48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

自分の意思で

昨日まで早起きが続いたので今日はゆっくり、と思っていたのだが

目覚ましが5:30のままで修正されておらず、本日もしっかり早起きの1日となりました(^^)

それにしても今日も寒かったですね。

都内でも朝は雪が舞っていた所も多かったのではないかと。

なので本日はハウスに引きこもっておりました。

今日のメーンイベントは、「自由人会」の集まり。

ビジネススクール時代に知り合った仲間たちですが、

それぞれ自分の気持ちに正直に行動している人たち。

突然転職する、といってシンガポールにいっちゃったけど、

あっさりまた転職になって帰任したSくん。

気がつくと地球の裏側にいってるMさん。

そんなSくんがいろいろあったということで、実は先月集まる予定でした。

ところが私がインフルエンザにかかってしまってリスケになってやっと今日実現したものです。

最初はずっとSくんの話を聞くつもりだったのですが

Sくんから私はどんな体験していたのか、ということに答えていたら

「かなりディープな体験してきたんですね、俺も頑張ろう」と(^^)

終わってみれば普通に話せますが、私もいろいろあった当時はそれなりに真剣で一生懸命で、

それでもって自分の力が及ばず、その時では不本意な方向にいったわけで。

今思考構造で当時の状況に出会っていたら言動は間違いなく変わっていたはず。

でもそれは当たり前(^^)そしてそうすべきだったと思うことはナンセンスです。

競馬レースが終わった後のタラレバと同じです。

先のことはわからないし、当時の自分の精一杯以上のものは出せなかったのだから。

そしてそんな体験を数十年積み重ねてきて今があるんですね。

Sくんが言ってました。

「そっか、その時その時自分の意思で判断をしてきたんですね」と。

これ・・・実は先日紹介した「君の膵臓が食べたい」で余命宣告された膵臓の病に侵された女子高生が言ってたセリフとおんなじ(^^)

そう、いつもいつも自分の意思で判断しているんですね。

たぶん20年後(まだ生きてるぞ(笑))の自分が今の私を振り返ると「まだまだ若いな」なんて思ってるかもしれません(^^)

それでも今の自分を尊重できるでしょう。

今を精一杯生きているから(^^)

写真は、友人にもらったイクラの醤油漬けとそれを使った丼(^^)

尿酸値高いくせにイクラは大好物でして、贅沢なお昼になりました。

よし外食また1回減らせたぞ!(そこかい!(笑))

20180202_1.jpg