48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

英語耳セミナー 2019年第9回の巻

f:id:almater2014:20190314211346j:plain


クラスの模様はこちらの動画でご確認いただけます。

https://www.facebook.com/almatercorp/videos/563771557447472/

 

< Sound Change >

母音に挟まれた[t]が変化する場合

meterのtのように,tの前後が母音で、前の母音にアクセントがあるとき、tは,力を抜いて舌先で上あごを弾くように発音されることが多く,lのように聞こえます。

 

そのため,meterは,「ミーター」ではなく,「ミーラー」のように聞こえます。

 

この現象は単語間でも起こります。

 

1. You’d better go now.

2. Could I have a glass of water?

3. This butter is good.

4. My cold is getting better.

5. See you later.

6. Write me a letter.

7. What’s the matter with you?

8. I’ll do it right away.

9. Let it go.

10. That’s what I want.

 

和訳

1. もう出かけた方がいいですよ。

2. 水を一杯いただけますか?

3. このバターおいしいです。

4. 私の風邪は回復に向かっています。

5. じゃあね。

6. 手紙をください。

7. どうしました?

8. 直ちにいたします。

9. そのままにしておこう

10. 私が欲しいのは、それです。

 

What’s the matter with you?はWhat’s wrong with you?といった言い方もある。

 

これらの例文を活用して「すばやく反応する練習」です。

 

A: Could I have a glass of water?

B: Sure. Right away. Here.

 

A: Thanks. This is what I wanted.

B: What’s the matter?

 

A: Cold. It’s getting better, though.

B: You’d better go home.

 

coldは風邪。文末にthoughをつけることで柔らかい逆接を表現。

had better はかなり強い表現でshouldよりも強い。

shouldはアドバイス的であるのに対し、had betterは脅迫、警告、命令的であるそうです。

 

A: I have to finish this.

B: Let it go.

 

A: OK. See you later.

B: See you later.

 

<文意語ディクテーション>

動画はこちらから。

https://www.facebook.com/almatercorp/videos/563771557447472/

残り1時間10分27秒くらいあたりからです。

 

Waiter: This week we're [   ] an ethnic [   ] course for our lunch guests. There's Indian, Thai, Vietnamese, Chinese, and Japanese [   ] [    ] on the menu.

 

Lisa: What [  ] [ ] Chinese dishes do you [   ]?

 

Waiter: Well, we [   ] Shanghainese, Sichuan and Cantonese styles.

 

Lisa: [   ] the [    ]?

 

Waiter: Shanghainese is on the [   ] [  ], Sichuan is [   ] and Cantonese is on the [   ] [  ]. [  ] don't I [  ] your drink [   ] [   ] and you can [  ] a few minutes to [  ] [  ] the menu.

 

回答

Waiter: This week we're offering an ethnic specialty course for our lunch guests. There's Indian, Thai, Vietnamese, Chinese, and Japanese cuisine available on the menu.

 

Lisa: What kind of Chinese dishes do you serve?

 

Waiter: Well, we offer Shanghainese, Sichuan and Cantonese styles.

 

Lisa: What's the difference?

 

Waiter: Shanghainese is on the sweet side, Sichuan is spicy and Cantonese is on the light side. Why don't I take your drink orders first and you can take a few minutes to look over the menu.

 

和訳

ウエイター:今週はエスニック特別コースをランチでご用意しています。インド料理、タイ料理、ベトナム料理、中華料理、日本食があります。

 

リサ:中華料理はどういうのがあるの

 

ウエイター:上海料理四川料理広東料理があります

 

リサ:どう違うの

 

ウエイター:上海料理は甘い味付け、四川料理はスパイシー、広東料理は軽い感じです。最初にドリンクはいかがですか。ちょっとメニューをご覧いただけま

 

Shanghainese上海料理 Sichuan四川料理 Cantonese広東料理

 

最後のWaiterのWhy don’t I take・・・以降がとても速い

 

Lisa: Ok, then, [ ] [  ] a glass of Chardonnay, please.

 

Jun: I'll take a [  ] [ ] house red please.

 

Lisa: I'm [   ]. I've had the [    ] all day!

 

Jun: [  ] are you going to [  ]?

 

Lisa: The Chinese [    ] [    ] [   ], I think I'll [ ] [ ] spicy Sichuan.

 

Jun: I think I'll [   ] for Thai noodles.

 

Lisa: [   ] great!

 

回答

Lisa: Ok, then, I’ll take a glass of Chardonnay, please.

 

Jun: I'll take a glass of house red please.

 

Lisa: I'm starving. I've had the munchies all day!

 

Jun: What are you going to have?

 

Lisa: The Chinese selection sounded yummy, I think I'll go for spicy Sichuan.

 

Jun: I think I'll settle for Thai noodles.

 

Lisa: Sounds great!

 

和訳

リサ:オーケー、ではシャルドネをグラスでお願い

 

ジュン:私はハウスワインの赤をグラスでお願い

 

リサ:お腹ペコペコよ。1日中お腹がすいているわ

 

ジュン:何にする?

 

リサ:中華が美味しそうね。スパイシーな四川料理にするわ

 

ジュン:私はタイ料理にしようかな

 

リサ:いいわね!

 

have the munchiesでお腹がすいている

 

<Listening Training>

ビジュアルリスニングのテキストから。

 

動画はこちらから

https://www.facebook.com/almatercorp/videos/563771557447472/

 

残り39分29秒あたりです。

 

ポイントは「全部を聞き取ろうとして聞こえない部分にこだわるのではなく、ハッキリ読まれている“key word”=“文意語”のみを聞き取って文の大意をつかもう、というリスニング姿勢」。

 

文意語ディクテーション

We will begin ( ① ) the aircraft in about ( ② ) minutes. First, we will ( ③ ) for ( ④ ) who ( ⑤ ) help ( ⑥ ) on the plane. This group ( ⑦ ) passengers in wheelchairs, ( ⑧ ) passengers and people ( ⑨ ) with children. After that, we will ( ⑩ ) for all of the
other passengers.

 

回答

① boarding ② 5 (five) ③ call ④ passengers ⑤ need ⑥ getting ⑦ includes ⑧ elderly ⑨ traveling ⑩ call

 

begin boarding「搭乗を開始する」

 

begin + 動詞 ing「〜を開始する」

 

aircraft「飛行する物体」の総称。

 

call for「〜に声をかける」ということ。

 

who need help getting on the plane「飛行機に乗るのに手助けを必要とする」がpassengers「乗客」を説明している。

 

help + 動詞 ing「〜するのに手を貸す」

 

get on は、board とほぼ同義だが、「乗り込む」という動作に主体がある。

 

in wheelchair「車いすを利用している」。「車いすに乗った」ということ

onではなくinであることに注意。

 

elderly「高齢の」

 

トレースリスニング

音と文字を一致させるトレーニング。

 

音読筆写

「英語が覚えられない」「覚えてもすぐ忘れる」「すぐに口からでてこない」などの状態を改善してくれるトレーニング。

 

音読しながらその文章を紙に書き出します。

 

ユニット音読

短い意味の区切りごとに、リズムに乗って、音読し、「音」に「意味」を乗せていきます。

 

英語音読=>日本語音読の通訳ゲーム

ペアワーク。1人が英語を1行音読、1人が訳を1行音読。

 

ユニット音読(2)

スピードアップしてユニット音読をします。

 

速読

速度アップして細かいことを気にせずに。

 

文意語ディクテーション(2)

M: Didn’t that announcement ( ① ) we can ( ② ) the plane now?

 

W: No, it ( ③ ). Some ( ④ ) passengers will board before us.

 

M: How much ( ⑤ ) ( ⑥ ) it be ( ⑦ ) we can ( ⑧ ) on the plane?

 

回答

① say ② board ③ didn't ④ other ⑤ longer ⑥ will ⑦ before ⑧ get

 

some other passengers「他の乗客」some があるので「他の乗客すべて」 ではない。

 

before us「我々より先に」

 

How much longer will it be?「後どれくらい(の時間)があるか?」

 

How much longer「この先どれくらい長く」

 

before we can get on the plane「我々が搭乗できる前に」

 

終わりに

英語耳セミナーはいつも基本を教えてもらいつつ、いっくらでもレベルを上げてトレーニングができることを示唆してくれます。

 

教材は決して難しいものではないんだけど、たくさんトレーニングの余地があることに気付かされるのです(笑)

 

繰り返し、ですね。