48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

英語耳セミナー 2019年第10回の巻(3月20日開催)

f:id:almater2014:20190321101909j:plain

今回はいつもの岸講師が用事で休講のため、原澤講師に洋楽レッスンを開催していただきました。

 

レッスンの模様はこちらの動画です。

<英語教室>特別授業「洋楽講座」1

 

最後接続の関係で切れてしまい最後の10分はこちらになります。

<英語教室>特別授業「洋楽講座」2

 

洋楽レッスン1〜You’ve Got a Friend

題材はCarole KingYou’ve Got a Friend

 

本人が歌っている動画はこちら


Carole King, You've got a friend

 

歌詞付きのAudio動画はこちら


You've Got A Friend / Carole King

 

ディクテーション

When you’re down and troubled

And you need some (①   ) (②   )

And nothing, nothing is (③   ) (④   )

Close your eyes and think of me

And soon I will be there

To (⑤    ) (⑥  ) even your darkest night

 

*You just (⑦   ) (⑧   ) my name

And you know wherever I am

I’ll (⑨   ) (⑩    ) to see you again

Winter, spring, summer or fall

(⑪   ) (⑫   ) (⑬   ) (⑭  ) (⑮  ) is call

And I’ll be there, you’ve got a friend

 

If the sky above you

Grows dark and full of clouds

And that old north wind begins to blow

Keep your (⑯   ) (⑰    )

And call my name (⑱   ) (⑲   )

Soon you’ll hear me (⑳     ) (㉑  ) (㉒   ) (㉓   )

 

(* Repeat)

 

Now ain’t it good to know

that you’ve got a friend

When people (㉔   ) (㉕  ) so cold

They’ll(㉖  )you and(㉗   )you

And take your soul if you let them

Oh, but don’t you let them

 

回答

①② loving care 思いやり 心遣い

③④ going right 上手く行く

⑤⑥ brighten up 明かりをともす

⑦⑧ call out 叫ぶ

⑨⑩ come running 駆けつける

⑪⑫⑬⑭⑮ all you have to do 〜するだけでいい

⑯⑰ head together 取り乱さないでいる 

⑱⑲ out loud 大声で

⑳㉑㉒㉓ knocking at your door ドアをノックする

㉔㉕ can be 〜なことがある(可能性)

㉖ hurt 傷つける

㉗ desert 見捨てる

 

解説

第1段落はそれ全体で1文となっている。

 

When以下で「〜のとき」に、Close your eyes(目を閉じなさい)としてI will soon・・to brighten up(私は明かりをともしにそこにいる)という構成。

 

You’ve got a friend : have gotはほぼhaveと同じ意味。「(ある時からずっと)もっている」という時間軸を意識する言い方。

 

正しくはhave gottenだがこれはイギリス英語でアメリカ英語はほぼhave gotが使われる。

 

All you have to doはひとかたまりに覚えるといい。「あなたがやらなければならないこと」

 

the sky above you : aboveは「はるか上」というニュアンスで基本的に「接していない」。

 

それに対しonは「(接した状態で)上に」という意味。the skyは頭に接しないのでonではなくaboveを使う。

 

Keep your head together : 頭を揃える、すなわち「ばらばらにならない」→「落ち着いて」

 

knocking at your doorのatはonでもよい。

 

ain’t : isn’tの変化した形。使う必要はないが意味は知っておいたほうがいい。

 

desert : dessertは「デザート」でつづりは違うけど発音は全く同じ。文脈で意味を判断する。

 

歌詞の1番、2番はverseを使う。1st verse, 2nd verse

 

ビジュアルリスニング

強弱、連結を意識して音読練習

 

太字は強く、薄字は弱く、d yは音の変化、k oは連結

 

When you’re down and troubled

And you need some loving care

And nothing, nothing is going right

Close your eyes and think of me

And soon I will be there

To brighten up even your darkest night

 

*You just call out my name

And you know wherever I am

I’ll come running to see you again

Winter, spring, summer or fall

All you have to do is call

And Ill be there, you’ve got a friend

 

If the sky above you

Grows dark and full of clouds

And that old north wind begins to blow

Keep your head together

And call my name out loud

Soon you’ll hear me knocking at your door

 

Now ain’t it good to know

that you’ve got a friend

When people can be so cold

They’ll hurt you and desert you

And take your soul if you let them

Oh, but don’t you let them

 

洋楽レッスン2〜Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka Dot Bikini

題材はBrian HylandのItsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka Dot Bikini

 

本人が出ている動画はこちら


Brian Hyland "Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka Dot Bikini"

(思いっきり口パクなのでレコードの音質で聴けます(笑))

 

歌詞がローリングするバージョンはこちら


Brian Hyland - Itsy bitsy teenie weenie yellow polka dot bikini - Letra (lyrics)

 

ディクテーション

She was afraid to (①     ) of the locker

She was (②       ) as she could be

She was afraid to(①     ) of the locker

She was afraid that somebody (③      )

 

*It was an itsy bitsy teenie weenie yellow polka dot bikini

That she wore (④              ) today

An itsy bitsy teenie weenie yellow polka dot bikini

So in the locker, she wanted to stay

 

She was afraid to (①     ) in the open

And so a blanket (⑤     ) she wore

She was afraid to (①     ) in the open

And so she sat, bundled up on the shore

 

*So in the blanket, she wanted to stay

 

Now she's afraid to (①     ) of the water

And I wonder what (⑥        )

Now she's afraid to (①     ) of the water

And the poor little girl’s(⑦      )

 

*So in the water, she wanted to stay

 

回答と解説

① come out

come out of 「〜から出る」

come into 「〜に入る」

 

② as nervous

as nervous as she could be 「これ以上ないほど緊張して」

 

③ would see

somebody would see 「誰かが見るかも」「誰かに見られるかも」

 

itsy bitsy 「ちっぽけな」

teenie weenie [teeny weeny] 「ほんのちいさな」

 

polka dot 「水玉(模様)」通常は複数形だが、ここでは「水玉の」ビキニと形容詞的に使われているので単数形。

 

polkaはもともと1800年代に流行ったpolka danceから来たもので当時流行っていたpolkaダンスと流行っていた水玉模様が一緒になって水玉模様のことをpolka dotというようになった説が有力のようです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Polka_dot より)

 

④ for the first time 「初めて」

 

⑤ around her 「彼女(の身体)に巻きつけて」

 

a blanket around her she woreは倒置。

通常ならShe wore a blanket around her.

 

in the open 「人目のあるところ」

bundled up 「くるまって」

 

⑥ she's gonna do 

wonder what she's gonna do「彼女は、いったい何をするのだろう」

 

⑦ turning blue

turn blue [ pale / white ] 「(恐怖や心配などで)青ざめる」

 

英語の歌はマザーグースから取り込んでいるものも多い。

 

 

 

 

今回扱われた教材You've got a friendは英語耳セミナーでは2回目なんですが、改めて聞いてみると音読練習にとても向いている気がしました。

 

原曲がそんなに早くないこと、英語独特の強弱がはっきりしていること、音の変化や連結が比較的わかりやすいこと、が理由です。

 

ネイティブの人の発音を真似て音読し、それが英語耳を開いていくというリズミカルスピーキングにぴったりの題材です(^^)