48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

努力は報われる

11月30日、第3回富士山マラソンでいよいよフルマラソン本番をむかえました。

朝は富士山がよくみえるくらい天気がよかったですが、みるみると曇ってきて肌寒い天気となりました。

号砲がなって5分13秒後にスタートラインをくぐり、いよいよスタート。

目標はサブ5、つまり5時間を切ること。

これまでのPrivate Best(PB)は5時間17分35秒なので大幅な更新となります。

計算上の平均ペースは1㎞あたり7分6秒。

目標は6分45秒ペースを維持できれば4時間45分で15分の余裕がでて、

後半のペースダウンを吸収できます。

なのでレース中は6分45秒ペースを目標と定めました。

意識したのは

 ペースがあがりすぎないこと

 フォームを気を付け足が外に流れない事(いつも脚の外側をこれで痛めてるので)

でした。

このコースは1㎞ごとに表示があったので、1㎞ごとにペースが確認できます。

最初は7㎞/min.ペース。入りは上々。

徐々にペースがあがって1㎞6分~6分20秒くらいのペースに落ち着く。

しかし寒い。。。ということでトイレへ。

長い行列だったので5分ほどタイムロス。

いつもは5㎞ごとの給水場で水分補給をしていましたが、

どうも寒くてトイレにいきたくなりそうだったので、

15㎞すぎまではとらず、以降10㎞ごとに身体と相談することにしました。

その代り、途中バナナをがっつりいただきました(^^)/

ハーフ付近で再びトイレへ。ここで再び5分ほどロス。

ストレッチをすると脚の疲れを軽減させ再びラン。

1㎞ごとに「次の1㎞はこれくらいのタイム」と目標をたててたのですが、

これをすると距離の長さを意識しないで気持ち的にとても楽でした。

富士山マラソンは河口湖から西湖に行く途中で1.5㎞ほどの上り坂があり

ここが最大の難所でした。

ちょうどペースランナーがきたのでそれについていったら、

歩くことなく坂を上り切りました。歩かずにすんだ(^^)/

西湖を一周したあとの今度は下り坂。

ここは脚への負担を軽減するためにブレーキをかけずに飛ぶようにかけおりる。

37kmを過ぎたところで急に脚が重くなってきました。

でも残り5㎞という表示をみて、「あとたった5㎞!」と言い聞かせ自分を鼓舞。

このあたりでは1㎞は7分くらいのペースにダウンしていました。

途中ストレッチをいれながらでしたが、残り1㎞までこぎつけました。

実は私が今回一番きつかったのは、この残り1㎞でした。

ラストスパートをかけたいのですが、脚が動いてくれない・・・

でも気力を振り絞ってゴール。

グロスは4時間59分26秒でしたが、5分13秒遅れのスタートだったので

ネットは4時間54分13秒。初めてのサブ5を達成しました。

fujisan marathon goal

今年は2月くらいから走り始めたのですが、

3月にアナフィラキシー症状で入院をし途中挫折し

7月からやっと走り込みを始められました。

脱水症状になりながら練習した夏場を乗り切り

毎月170㎞前後の走り込みを続けてきた努力が報われた思いでいっぱいです。

ラソンは努力した分だけ報われる、と聞きます。

今年一番自分のベストがだせたイベントだった気がします。

努力は報われる。

これからのライフにこのエネルギーを活かしていこうと思います。

測定

ポイント スプリット ラップ  通過時刻

Start     00:05:13     09:05:13

5㎞   00:39:17 0:34:04 09:39:17

10㎞  01:13:30 0:34:13 10:13:30

15㎞  01:44:59 0:31:29 10:44:59

20km  02:17:13 0:32:14 11:17:13

中間  02:30:31 0:13:18 11:30:31

25km  02:58:37 0:28:06 11:58:37

30㎞  03:33:31 0:34:54 12:33:31

35km  04:08:25 0:34:54 13:08:25

40km  04:44:20 0:35:55 13:44:20

Finish     04:59:26 0:15:06 13:59:26