48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

特許庁でびゅ~

生まれて初めて特許庁にお邪魔しました。

 

pattent.jpg

 

目的は「商標登録」です。

自分の会社のロゴや名称、そしてシェアハウスの名称など。

意外と自分でできちゃいます。

 

1 出願用紙の入手

こちらから入手できます。

http://faq.inpit.go.jp/EokpControl?&tid=388297&event=FE0006

 

2 用紙の書き方と出願の仕方

こちらの資料がわかりやすかったです

http://www.inpit.go.jp/archives/soudanguidetm.pdf

 

3 特許庁に行く前に

用紙を印刷して自分の印鑑を捺印します。

さ、いざ!

 

4 特許庁にて

溜池山王駅から歩いてほどなく到着。

まず入り口で入館申請書を記入し鞄のチェックをうけて、

「一時入館証」のカードをもらい自動改札のゲートをぬけます。

 

厳重~~

 

右手に曲がっていくと吹き抜けの広場があり右手が国内申請。

まず中に入って

「初めての申請なので不備がないか確認してください」とお願いします。

担当の方は親切な方ばかりなのでほっとします!(^^)!

確認が済んだら、いったん入口を出て右手に特許印紙を購入します。

1区分なら1件12,000円。それを申請書にはります。

 

またついでに電子化手数料が1件につき1,200円+700円x枚数だけかかるので、

その費用も支払う、と伝えると別途申込用紙をもらいます。

記入して支払をすると領収書をもらえます。

 

貼った後いったん地下に降りて奥にあるセブンイレブンで白黒コピーをとります。

 

そして再び窓口に。

まず電子化の支払いでもらった領収書の提示で、

申請書に「電子化費用の支払済」の印をおしてもらえます。

 

また申請書のコピーには「申請済」の印をおしえてもらえます。

 

これで終了。!(^^)!

 

後は審査の結果を待つのみです。