48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

新たな挑戦

一昨日、とあるシェアハウス物件のオーナー様交えた打合せがあり、弊社が運営を引き継ぐことが内定しました。

現在の運営会社(A社とします)の頑張りがなかなかオーナーの満足を満たせなかったようで、監督的立場のあったB社が弊社の切替を提案し、ご理解をいただいたというものです。

今日はA社、B社、弊社の三社打合せを現地の見学兼ねて打合せでした。

大きな話から細かい話までいろいろな粒度が混じり合った話題が多いので整理が大変ですね。こういうときって、入居者の方々の視線でイベントを組んでいくと整理しやすいですね。

このタイミングでこういうことが必要になる、だから事前にまとめておく、関係者とすりあわせておくといった付随する活動が見えてきます。

久しぶりにちょっとしたプロジェクトマネジメントっぽいことをやっている気がします(^^)

来春にはオーナー様とB社との契約は一旦切れるため、今回のはなしもそこで終わる可能性があります。

でもこれまでの経緯でオーナー様がシェアハウスに対して決していいとは思えない印象を持ってしまったのがとても残念だから、せめてこういうものだ、ということを見せたいというB社の意地を感じます。

私はオープン以来B社にお世話になってきていることもあり、今度はこちらがお役に立つ番かもしれない、と感じます。うまくいってもいかなくてもご縁はご縁。自分の実力の多寡もありますが、それでも出来る限りのことをやってのことなら、いろいろと踏ん切りがつく覚悟が自然とついていました。

いろいろな経緯があったので、正直ハードル高い挑戦かもしれませんが、だからこそ挑戦する意味もあります。

どんな結果になっても自分にとってはプラスなことしか感じません(^^)がんばってみよう。。

写真は先日の船堀の朝食をとっているハウスメイト。

ピーナッツバターを塗った厚切り食パンにバナナを乗せてトーストしたものだそうです。

甘党の彼はこの上ない幸せな気持ちだったそうです(笑)

弊社ホームページのDiaryでもご紹介させていただいています

こんな笑顔がでるシェアハウスを目指していきます(^^)

20171019_1.jpg