48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

書評・論評・映画評・学び

読後感想〜禁断の江戸史

禁断の江戸史~教科書に載らない江戸の事件簿~【電子限定特典付き】 (扶桑社BOOKS新書) 作者:河合敦 扶桑社 Amazon 今回読んだのは、こちら「禁断の江戸史〜教科書に乗らない江戸の事件簿」。 「歴史はかわる」ことをいろいろな事例で紹介してくれた河…

映画鑑賞〜ローマンという名の男 信念の行方

(画像:ソニー・ピクチャーズ「ローマンという名の男 信念の行方」公式ページより引用) 今回観た映画はこちら。 2017年アメリカで製作されたドラマ映画で主演はデンゼル・ワシントン。 抜群の記憶力と弁護士能力をもちながら融通のきかない性格がわざわい…

読書会〜家康、江戸を建てる

家康、江戸を建てる 作者:門井慶喜 祥伝社 Amazon 今回の読書会の課題図書はこちら、「家康、江戸を建てる」。 壮大な荒野であった江戸を、大都市に開拓した徳川家康と、大きな事業にからんだ家臣や技術者たちの活動を描いた時代小説です。 本文は文庫で482…

映画鑑賞〜パトリオット

(画像:ソニー・ピクチャーズ「パトリオット」公式ページより引用) 今回鑑賞した映画はメル・ギブソン主演、パトリオット。 2000年アメリカで製作されたアメリカ独立戦争を背景にした映画です。 メル・ギブソン演じるマーチンは、フレンチ・インディアン戦…

読後感想〜樹木たちの知られざる生活

樹木たちの知られざる生活──森林管理官が聴いた森の声 (早川書房) 作者:ペーター ヴォールレーベン 早川書房 Amazon 今回読んだのはこちら。 以前同じ著者の本を読んで、この著者に興味をもち、代表作と言われる本作品を読むことにしました。 www.almater.jp…

映画鑑賞〜幸せへのまわり道

(画像:「幸せのまわり道」オフィシャルサイトより引用) トム・ジュノーが1998年に雑誌「エスクァイア」に寄稿した記事『Can You Say...Hero?』を原作とし、ある記者が米国の国民的子ども向けテレビ番組の司会者フレッド・ロジャースと交流した実話を描い…

読書会 はじめての短歌

はじめての短歌 (河出文庫) 作者:穂村弘 河出書房新社 Amazon 今回の読書会の課題図書はこちらでした。 最近はテレビのバラエティで夏井いつきさんが、短歌で多くの芸能人を相手にわかりやすい解説をしてくれたり、一昔前なら、「サラダ記念日」で有名な俵万…

映画鑑賞〜ザ・ファーム/法律事務所

(画像:Netflixより引用) 今回鑑賞したのはこちら、トム・クルーズ主演1993年作品の「ザ・ファーム」です。 約30年前の作品。 いや〜トム・クルーズは若いし、かっこいいですね(^^) ハーバードロースクールを優秀な成績で卒業しようとしているミッチ・マク…

映画〜ワンチャンス

(画像:Netflixより引用) ずっとサスペンス系が続いていたので、久しぶりにヒューマンドラマ系を選択。 イギリスのタレント発掘番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」をきっかけに世界的に有名になったオペラ歌手ポール・ポッツの半生を描いた、伝記的映画…

読書会〜卵をめぐる祖父の戦争

卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV) 作者:デイヴィッド ベニオフ 早川書房 Amazon 今回の読書会の課題図書はこちらです。 今回は久しぶりに小説でした。 著者のデイヴィッド・ベニオフは、ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の共同プロデューサ…

映画鑑賞〜将軍の娘/エリザベス・キャンベル

(画像:Netflixより引用) 今回観た映画は「将軍の娘/エリザベス・キャンベル」。 ネルソン・デミルのベストセラー小説『将軍の娘』を映画化して、1999年に公開されたサスペンス映画です。 主演のジョン・トラボルタが結構若いなぁと思ったら、もう20年以上…

読後感想〜後悔するイヌ、嘘をつくニワトリ

後悔するイヌ、嘘をつくニワトリ: 動物たちは何を考えているのか? (ハヤカワ文庫NF) 作者:ペーター・ヴォールレーベン,Peter Wohlleben 早川書房 Amazon 今回読んだ本はこちら。 読書会以外で何を読もうか探していたところ、ノンフィクション系がいいなぁ、…

映画鑑賞〜「ブロークンシティ」

(画像:Netflixより引用) 2012年のアメリカ映画で、推理的要素を期待して選びました。 主演はマーク・ウォールバーグで、ラッセル・クロウとキャサリーンゼタ・ジョーンズという主役級の2人がきっちり脇を固めているキャスティング的には豪華です(^^) マー…

読書会〜「暇と退屈の倫理学」

昨日は月末の振返りを投稿させていただいたので、1日遅れで読書会の投稿です。 今回の課題図書はこちら。 暇と退屈の倫理学(新潮文庫) 作者:國分功一郎 新潮社 Amazon なんとも不思議で堅苦しそうなタイトル(^^) 「暇」や「退屈」に関心を寄せることはない…

映画鑑賞〜「ねじれた家」

今回鑑賞した映画はアガサ・クリスティ原作の「ねじれた家(原題:Crooked House)」でした。 2017年に発表されたイギリス・アメリカ合同制作作品です。 (画像:Netflixより引用) 実は最初に観ていた映画があまりにも暴力的なシーンなど暗い場面が多くて途…

読後感想〜「博士と狂人」

今回読んだ本はこちら。 博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話 (ハヤカワ文庫NF) 作者:サイモン ウィンチェスター 早川書房 Amazon 先日観た映画の原作です。 www.almater.jp 映画がなかなかよかったので原作ではどんなふうに描かれているのか興味がわ…

映画鑑賞〜ミート・ザ・ペアレンツ

いつも映画鑑賞をしている曜日は別のアポがあったため、曜日をずらして1週間に1度の楽しみの一つ「ぐだぐだ家飲みしながら映画を観る」をこの週も実現できました(^^) いつもはせんべろ的なメニューでしたが、今回はいろいろあったので(いいことです(^^))な…

読書会〜「老人性うつ」

今回の読書会の課題図書はこちら。 老人性うつ 気づかれない心の病 (PHP新書) 作者:和田 秀樹 PHP研究所 Amazon 老年精神科に携わった医師和田秀樹氏による2012年出版の本です。 老人になると自分も含めまず心配になるのが「認知症」、いわゆる「ボケ」です…

映画鑑賞〜コードネームエンジェル

イスラエルとエジプトのダブルエージェント、すなわち二重スパイと言われていたアシュラフ・マルワンを描いたスパイ映画です。 アシュラフ・マルワンはエジプトのナセル元大統領の義理の息子です。 舞台はイスラエルとアラブ諸国が中東戦争を展開していた197…

たまねぎ・大根・キャベツ

突然の野菜の羅列。 マグカップを洗いにキッチンに出たら、たまたまハウスメイトが見ていたテレビで玉ねぎのことを語っていたので思わず聞き耳をたててしまいました。 実は玉ねぎやネギといった”ネギ系”が好きで、ネギや玉ねぎがかけ放題のそば屋やラーメン…

読後感想〜菊と刀

先日の読書会で扱った「レイシズム」の著者ルース・ベネディクトの考察姿勢と深さに感動して、代表作「菊と刀」を読むことにしました。 菊と刀 (講談社学術文庫) 作者:ルース・ベネディクト 講談社 Amazon 第二次世界大戦において、アメリカにとって日本は「…

映画鑑賞〜インスタントファミリー

(画像:Netflixより引用) 今回観た映画はこちら「インスタントファミリー〜本当の家族見つけました〜」です。 原題は「Instant Family」。 2018年に監督ショーン・アダムスの実体験から着想を得たというストーリーで映画化されたアメリカ映画です。 子供が…

読書会〜「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人が・・・

今回の読書会の課題図書はこちら。 「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本 作者:山下 泰平 柏書房 Amazon 題名がやたら長い(笑) ”文豪”と呼ばれる作家が登場したのは…

映画鑑賞〜博士と狂人

サイモン・ウィンチェスターによるノンフィクション『博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話(英語版)』原作の実話に基づいた映画です。 2019年制作2時間ちょっとのアメリカ映画です。 メル・ギブソンとショーン・ペンの共演という豪華キャスティング。 …

映画鑑賞〜「ディアボロス/悪魔の扉」

2022年の2月22日と2のオンパレードの日ですね。 (画像:Netflixより引用) 今回観た映画は「ディアボロス/悪魔の扉」です。 マトリックスでおなじみのキアヌ・リーブスと数々のマフィア映画に登場するアル・パチーノ主演でシャーリーズ・セロンが登場します…

読書会〜「レイシズム」

レイシズム (講談社学術文庫) 作者:ルース・ベネディクト 講談社 Amazon 「菊と刀」の著者として著名なアメリカの人類学者ルース・ベネディクトの翻訳版です。 人種を表すRaceから生まれたRacismという言葉、「人種主義」と訳されることが多いです。 Wikiped…

映画〜「42 世界を変えた男」

(画像:ワーナー・ブラザーズ 「42 世界を変えた男」オフィシャルページの予告編より引用) 元野球人としては一度は観てみたかった映画でした。 映画のタイトルにある「42」とは、大リーグ最初の黒人プレーヤー、ジャッキー・ロビンソンの背番号で、唯一、…

読後感想〜まんがで読破「旧約聖書」

最初にお詫び) コメントなしでブックマークをしていただいた皆さんにお礼のスターをつけるやり方をしらず、これまで無反応状態になってましたが、”やっと”スターの付け方がわかりました^^;; これまで無反応で大変失礼しました! 先日読書会の課題図書として…

鉄人

鉄人、と聞くと何を思い出すでしょうか。 カラオケの鉄人:確かに街でよくみかけます(^^) 鉄人28号:なかなかの昭和の方ですね。 料理の鉄人:平成のおばけ番組でした。 アイアンマン:たしかに! マーガレット・サッチャー:さすが近代史通ですね。 私は元…

映画〜「Knives out」

(画像:映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』公式サイトより引用) 007で同じのダニエル・グレイグが探偵として、あるイギリスの館で起こった事件の謎解きをする物語。 登場人物のほとんどが容疑者になりうる曲者揃いで、事件の真相にせまるまで…