48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

東海道五十三次

東海道五十三次ウォーキング 四日市宿〜石薬師宿(2)

石薬師宿への道のり2日目です。 杖衝坂です。結構な傾斜でした。伊吹山で荒ぶる神の祟りをうけ深手を負った日本武尊(やまとたけるのみこと)は、剣を杖にしてようやく超え「吾が足は三重(みえ)の鈎(まがり)の如くして甚(はなはだ)疲れたり」といった…

東海道五十三次ウォーキング 四日市宿〜石薬師宿(1)

四日市宿をでて次なる宿石薬師宿へ向かいます。 今回も長い行程になるので2回にわけてお送りします。 近鉄四日市駅。四日市はJRの駅もありますが、ホテルは近鉄の駅周辺に集中しています。 近鉄四日市駅近くを流れる小川の阿瀬知川を渡ります。このあたりの…

東海道五十三次ウォーキング 桑名宿〜四日市宿(2)

前回に引き続き、四日市宿への道のりです。 西光寺を過ぎてこの三叉路を左折しますが、ちょっとわかりにくい。と前方になにやら看板が・・・ ありがたい(^^)「助かるでござる」と一人つぶやき左へ向かいます。 伊勢湾岸自動車道の高架をくぐると朝明川(あさ…

東海道五十三次ウォーキング 桑名宿〜四日市宿(1)

今回は桑名宿から四日市宿への行程です。 この行程、なかなか長いので2回にわけてお送りしたいと思います。 こちら「通り井跡」。海が近く地下水に海水が混ざってしまうため、川から水を引いていたそうです。 この向こう側が桑名城址。三方が扇状に海に面し…

東海道五十三次ウォーキング 宮宿〜桑名宿

今回は宮宿から桑名宿です。 といいいながら、ここはほとんど歩いていません^^;; というのも本来ここは「船で渡る」ところだからです。 宮宿から桑名宿の間は「木曽三川」と言われている木曽川、長良川、揖斐川が横たわり、橋をかけることができなかったため…

東海道五十三次ウォーキング 鳴海宿〜宮宿

今回のウォーキングは鳴海宿から宮宿です。 いや〜天気がいい。鳴海宿本陣跡をすぎるとすぐにこの信号のT字路になっていて、ここを右に曲ります。 街並みは有松を思い起こさせるような古い建物がちょくちょく目に付きます。 しばらくすると住宅街になり歩道…

東海道五十三次ウォーキング 有松

前回予告させていただきましたが、今回は東海道五十三次で知立宿と鳴海宿の間にあった「有松」という街についてご紹介します。 知立宿から鳴海宿までは約10キロメートルほどと長いため、尾張藩は桶狭間村の有村集落を分村し、知多半島の阿久比村から11戸を移…

東海道五十三次ウォーキング 知立宿〜鳴海宿

知立を出発して鳴海にむかいます。 三河国を出て鳴海からはいよいよ尾張国に入ります。徳川のお膝元から織田のお膝元へ(^^) 知立宿はアパート近くにある石碑からスタート。 知立城跡。信長に攻め落とされた城らしい。その後将軍用の御殿になったけど、元禄の…

東海道五十三次ウォーキング 岡崎宿〜知立宿

今回のウォーキングは、岡崎宿から知立宿まで。 前回岡崎宿の二十七曲りをご紹介しましたので、二十七曲り以降の行程をご紹介します。 前回渡った橋からかなり歩いて国道1号線沿いに出て、尾崎東というY字路の手前あたりで安城市に入ります。ここで岡崎市と…

東海道五拾三次ウォーキング 岡崎宿二十七曲り

岡崎宿まできて、次は知立宿を目指すのですが、その前に岡崎宿には、「二十七曲り」と呼ばれる連続した曲がり角があります。 「二十七曲り」についての説明は岡崎市のホームページから引用します。 徳川家康公が関八州の太守として駿府城から江戸に入ったの…

東海道五十三次ウォーキング 藤川宿〜岡崎宿

今回のウォーキングは、藤川宿から岡崎宿です。岡崎といえば徳川家康のお膝元。私も前職時代にお世話になった事業所があり、多いときで1年の半分はここにきていました。懐かしい地域です(^^) 藤川の一里塚跡。江戸から79番目になります。 この二股を右側へ進…

東海道五十三次ウォーキング 赤坂宿〜藤川宿(2)

赤坂宿から藤川宿の続きです。 本宿から藤川宿へ向かいます。 十王堂跡。十王堂は閻魔堂(えんまどう)とも言われていたようで、旅人や村人から尊信されていたそうです。 本宿の一里塚跡。江戸から78番目になります。 宇都野龍碩(うつのりゅうせき)邸跡と…

東海道五十三次ウォーキング 赤坂宿〜藤川宿(1)

今回のウォーキングは赤坂宿から藤川宿へ向かいます。 御油宿から赤坂宿はわずか1.5キロメートルという東海道五十三次最短距離でしたが、赤坂宿から藤川宿までは約11キロメートルとだいぶ長い^^;; 写真もたくさんあるので2回にわけてお送りします。 赤坂宿の…

東海道五十三次ウォーキング 御油宿〜赤坂宿

今回は御油宿から赤坂宿です。 御油宿を出ると「天然記念物 御油の松並木」という石碑に出会います。 石碑のそばに解説の看板がありました。 「御油の松並木」は天然記念物に指定されているんですね。指定されたのは1944年、終戦の1年前で御油町民から申請が…

東海道五十三次ウォーキング 吉田宿〜御油宿(ごゆしゅく)

今回のウォーキングは、吉田宿から御油宿です。 御油は「ごゆ」と読むようですね。私も今回始めて知りました(^^) 現在は鰻屋の前にある吉田宿本陣跡。 創業が文化年間(1804年〜1818年)の老舗で田楽のお店らしい。 本陣からまっすぐ西へ向かってファミリマ…

東海道五十三次ウォーキング 二川宿〜吉田宿

今回のウォーキングは二川宿から吉田宿です。 二川宿から三河国に入りました。これから三河を横断していきます。 二川宿近くの高札場跡。 西問屋場跡。標識が小さいので見過ごしてしまいそう(^^) しばらくいくとJRの二川駅につきます。東海道を意識したデザ…

東海道五十三次ウォーキング 白須賀宿〜二川宿

今回のウォーキングは白須賀宿から二川宿です。 本陣跡の近くにあった脇本陣跡。標識が小さくて見落としそう(笑) 昔ここは両替商だったことを示す看板。こういった看板がこの白須賀宿にはたくさんみかけられました。 夏目甕麿(なつめみかまろ)邸址・加納…

東海道五十三次ウォーキング 新居宿〜白須賀宿

今回のウォーキングは、新居宿から白須賀宿(しらすかしゅく)です。 本陣跡近くにある寄馬跡。この標識にもありますが、東海道の宿場では常に100人の人足と100匹の馬を用意していたようですが、それでも足りないときに助郷制度といって近在の村々から人馬を…

東海道五十三次ウォーキング 舞坂宿〜新居宿

今回のウォーキングは、舞坂宿から新居宿(あらいしゅく)です。 本陣跡近くにある脇本陣跡の看板。 西町常夜燈。建立は1813年と意外と遅いです。 本雁木跡。庶民用の渡船場跡。 海が見えてきました。 渡船場としての雁木跡は、北、本、南と3箇所残っていて…

東海道五十三次ウォーキング 浜松宿〜舞阪宿

ウォーキングは浜松宿を出て舞阪宿へ向かいます。 こちらは梅屋本陣跡。今は看板のみ。 子育て地蔵尊。子に恵まれなかった夫婦が願掛けをしたところ、子を授かったという言い伝えがあるそうです。江戸時代に作られた地蔵が祀られています。 八丁畷と言われる…

東海道五十三次ウォーキング 見付宿〜浜松宿

後半戦に突入した東海道五十三次、いよいよ浜松に向かいます。 見付宿脇本陣大三河屋門。小さいながら薬医門の形をしているんだとか。薬医門とは「門柱(本柱)の後ろに控柱が2本設けられた門の総称」で柱が4本存在します。 西坂の梅塚あたり。東側にも梅塚…

東海道五十三次 袋井宿〜見付宿

今年1月に日本橋を出発して始まった東海道五十三次のウォーキングもついに中間点袋井宿を通過して後半戦に入りました! 今回は袋井宿から見付宿です。 袋井宿の問屋場跡。問屋場には大きく2つの仕事がありました。一つは人馬の継立業務で、幕府の公用旅行者…

東海道五十三次ウォーキング 掛川宿〜袋井宿

だいぶ進んできた東海道五十三次のウォーキング、今回は掛川宿から袋井宿です。遠江国を横断中です。 平将門とその一門19名を祀っている塚とのこと。朝廷への反逆の罪で成敗された平将門ら19名の首級を検分のため京都へ運ぶ途中、途中のこの掛川で京から来た…

東海道五十三次ウォーキング 日坂宿〜掛川宿

今回は日坂宿から掛川宿です。 萬屋跡。江戸時代の庶民向け旅籠だったところ。このようにこの時は夕暮れになっていて、次の掛川宿に日没前に到着できるかかなり不安だったところ^^;; 日坂宿の高札場。結構しっかりした形で残されています。高札場は、幕府や…

お泊りウォーキング計画(2)

前回お泊りウォーキング計画の1回目についてご紹介しました。 そろそろ次のウォーキングを再開する時期がくるので、1回目の経験を活かして次回の計画を立案してみました。 1日目:吉田ー御油ー赤坂ー藤川ー岡崎ー知立(宿泊) 2日目:知立ー鳴海ー宮ー桑名ー…

お泊りウォーキング計画(1)

痛風の発作がまだおさまっていませんが、そろそろ東海道五十三次ウォーキングの取材を計画しないと。。。 前にもお話しましたが、始めた当初はある程度歩いて一旦帰宅し、次はその続きからということができましたが、さすがに静岡駅をすぎると日帰りで戻って…

東海道五十三次ウォーキング 金谷宿〜日坂宿

遠江国に入って今回は金谷宿から日坂宿です。 金谷宿の脇本陣、角屋金原三郎右衛門家跡。金谷宿を焼失させた竹下屋火事直後は「脇本陣なし」となっていたようですが、その40年後には再登場しているようです。 金谷宿の様子をかいた絵図。比較的規模の大きい…

東海道五十三次ウォーキング 島田宿〜金谷宿

今回は駿河国島田宿を出て大井川を渡り、遠江国に入ります。 遠江国は金谷宿から白須賀宿までをカバーしています。 もともと今川氏が支配していたところ、今川氏の滅亡によって徳川氏が治めることになりますが、武田氏に攻め取られます。武田氏滅亡後再び徳…

東海道五十三次ウォーキング 藤枝宿〜島田宿

今回のウォーキングは、藤枝宿から島田宿への約9キロメートルちょっとの行程です。 こちら藤枝宿の問屋場跡にある掲示。藤枝宿は史跡が残っていないのでこのような看板などで当時の様子を窺い知ることができます。 瀬戸川を渡ったところにある一里塚跡。常夜…

東海道五十三次ウォーキング 岡部宿〜藤枝宿

今回のウォーキングは岡部宿から藤枝宿です。 岡部宿を出た後すぐに目に入ったのが初亀醸造。なんと創業寛永12年(1635年)というから驚き!銘酒「初亀」の蔵元です。飲みたいところですが先を急ぐのでぐっとこらえて^^;; 東海道といえば松並木。ここ岡部宿…