48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

シェアハウス近隣動向

コロナの感染拡大によりいろいろな事業が影響を受けていますが、シェアハウス事業もその一つかもしれません。 シェアハウス事業への影響があるとすると 退去者が増える 入居者が減る 家賃が回収できない に大きく分けられます。 弊社の運営でいうと、2「入居…

ラジオ体操

先日英語耳の動画収録で講師のお二人とお会いした時、岸講師が「最近ラジオ体操をやっていて調子がいい」とおっしゃっていたのが、なんとなく頭に残っていたんです。 今月9月はどういうわけか走る意欲があまり湧いてこなくて、雨が多いことを言い訳にほとん…

読後感想〜「君たちはどう生きるか」

羽賀翔一氏が漫画にして出版してブレークしたのは今から3年前の2017年。 吉野源三郎氏のオリジナルは1937年に出版されています。 岩波文庫として1982年に文庫化され現在にいたっているそうです。 まあ、ある意味ブームが去ってなぜいまさらこの本、ですよね…

ノスタルジー1997

少々忙しい日々が続いた後のとある週末。 寝る前にふとある曲が頭の中で流れ始めました。 Every Little Thing(以降ELT)の「出逢った頃のように」。 「出逢った頃のように」MUSIC VIDEO / Every Little Thing 1997年のSingleカットされた曲。 この頃によく…

空室活用

コロナの影響でシェアハウスへの新規問合せは大きく落ち込んでいる印象です。 いつもなら空室を公開するとすぐに問合せがくるランニングシェアハウスでさえ、ほとんどきていません。 こういうときの行動は大きく2つ別れます。 積極的プロモーションをかけて…

映画鑑賞〜「監視資本主義デジタル社会がもたらす光と影」

(画像:Netflixより引用) 久しぶりにNetflixで何か無いかなぁと探していて選んだのがこれ。 原題は「/the social dilemma_」です。 最初の「/」と最後の「_」にどんな意味があるのかはわかりません(^^) Netflixオリジナル作品。 どんな”映画”かと思ったら…

船堀懇親会〜こちらもクレープまきまき大会

3ヶ月に一度の船堀のシェアハウスの懇親会。 先日入国制限されていた韓国のハウスメイトが無事戻ってきて、今回の懇親会に元ハウスメイトを呼んでくれ、にぎやかな懇親会となりました。 以前は主婦Tさんが、そして最近は私が食事をひたすら作っていましたが…

金言

「金言」よく聞く言葉です。 ネットでも「〜〜〜の金言」みたいな言葉が踊っていたり、本でみかけたりするかもしれません。 goo辞書によると「金言」とは 処世上の手本とすべき内容を持つすぐれた言葉。金句。 仏の口から出た、不滅の真理を表す言葉。こんげ…

すごい学生たち

このブログでよく登場してくる船堀のシェアハウス。 日本語を学ぶ人達を応援するシェアハウスとして、近くにある日本語学校と提携し学生を受け入れています。 高校を出たばかりの18歳から30代後半まで年齢、経歴は様々ですが、20代を中心に若い人たちが集ま…

読書会〜「世界の辺境とハードボイルド室町時代」

なんつータイトルだろうと思いましたが、若干おちゃらけた風のタイトルではありますが、中身はかなり充実している、そんな読後の印象でした。 東アフリカで内戦が続き最貧国の一つと言われているソマリアやアジアなど、辺境と呼ばれる地域で独自の視点と行動…