48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

どじった

午前中大森の美容院にいったのですが、終わった後母からメールが。「テレビが壊れたかも」と。

確か夜までアポはなかったはず、ならば近くまで来ているので行ってみるかと大田区の実家に向かいました。

私が前職で仙台に着任した際に購入したテレビ、ソニー製KDL-40X1000。専用のテレビスタンドが数万円した記憶があります(^^)

テレビの電源をいれると映像が映し出されて「あれ?なおってる?」と思ったのですが、数分後に映像が途切れて真っ黒に。電源は入っているし、電源のオンオフは機能します。チューナー周辺の回路が故障した可能性が高いと想定。

基盤交換となると出張代含めて数万円だろうなぁ、新しく買ったらもっと安いだろうなぁ、ということで両親には買い替えの可能性を説明。最近株で若干お小遣いが入った父は気前よく「買い換えよう(^^)」と(^^)。

ちょうどお昼時だったので母が「食べていきなさい」とお昼を用意してくれたので、それを食べて、壊れたTVを片付けていた所、1通のメッセージ。

「あと5分ほどで到着します」・・・なぬ?

あ〜、そうだった学友が来ることになっていた!

すっかり失念していた私は慌てて電話して、状況をお話し一緒にたべるはずだったお昼を1人でたべてもらい、遅れて会う手はずをとりました。。。あ〜なんてドジったんだ・・・

ちゃんとスケジュール表を確認しないと。。。

20170905_1.jpg