48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

ドイツのゲーム

今日は朝から別のシェアハウスからの問合せの対応でとたばた。。。

区切りをつけてやっと年賀状に着手。

毎年Excelの住所録からWordを経由して印刷するところでどたばた。

年に1度なのでやり方忘れちゃうんですね。

Macではやりにくいので、Windowsで実行。

コメントも入れてなんとかポストへ投函できました。総数80枚。

シェアハウスにはプロのシェフしかおらず、「じゃ夕飯作ってあげるよ」と嬉しいご提案(^^)

豚汁、肉豆腐、おひたしに農家直送のお米。

いや~、お腹が落ち着く内容で美味しかった(^^)

いいタイミングでドイツ人のハウスメイトと、母国から遊びにきて滞在しているそのお兄さんとが帰宅。

スーパーで買ったと思われるお惣菜とビール(6本があっという間になくなった)で夕飯のようです。

お互い食べ終わった後何気なく今日のできごととかをおしゃべり。

そこで彼らがおもむろにホワイトボードに向かって何か始めました。

横線をナン本か直線状に書き、もう一人が考えています。

どうもホワイトボード側が出題者、もう一人が回答者のようです。

回答者がアルファベットをなにか言うと、出題者がホワイトボードに書きます。

ある時はアルファベットを横線の上に、ある時はその脇に絵を書き始めています。

なるほど、出題者が考えた単語を当てるゲームのようです。

回答者が答えたアルファベットが当たっていれば横線に、

外れると絵がかかれていきます。

この絵、なんと最後は首吊りの絵になるんです・・・

横線の数は回答である単語のアルファベットの数なんですね。

途中から私も参加させてもらいました。

なかなか頭を使いますね。ルールが簡単なのですぐに参加できるのも魅力。

お陰でこの兄弟とずっと2時間くらい英語でしゃべっていました。

オンライン英会話のレッスンってこんな感じなのかな(^^)

明日は彼らが「美味しかった」と言っていたラーメン屋に行ってみるかな(^^)

追記) このゲームは「hang man」というゲームでイギリスヴィクトリア朝時代に生まれたゲームのようです。友人に教えていただきました(^ ^)ありがとう(^ ^)

20171229_1.jpg