48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

映像作成

今日は夕方までアポがなかったので

じっくり時間かけて取り組みたかったことに着手。

それは自分で映像ファイルを作成すること。

映像ファイルってカメラで映像とればいいじゃん、って?

そうなんだけど、いくつかの写真や映像を一緒にして

オリジナルの映像ファイルを作りたかったんです。

なぜか。

Facebookを通じてシェアハウスの様子を

映像で伝えたかったからなんです。

テキストだけより写真付き

写真より映像

の方がより多くの人に知っていただけるチャンスが拡がる、と思って。

せっかく昨年Macデビューしたので

MacのプリインストールされているiMovieというアプリを使ってみました。

そのために先日マニュアル本も購入。

Manualが良い助けになって

映像ファイルは簡単に作ることができました。

素材があってと構成さえできれば簡単ですね。

さ、それをFacebookの広告に載せます。

これが難儀しました(^^)

Facebookの広告マネージャーに入ります。

右肩にある「広告を作成」をクリック。

マーケティングの目的は?」と聞かれてきます。

どんな広告をするのか、ですね。

Facebookのページへ誘導するのか

自分のホームページに誘導するのか

いいね!をもらうのか

などなど・・・

これは後からでも変更ができるのでそんなに心配はいりません。

クリックして「違うな」と思ったら変更すればOK(^^)

私は自分のホームページに誘導したかったので

「コンバージョン」を選択。

ここでA/Bテストを選択することもできます。

ここで「コンバージョンピクセル」なる

わけわからない言葉が・・・

どうもあるスクリプトをホームページ上に追加して

効果確認をするためのツールらしいのです。

Facebookピクセルヘルパーなるものをインストールせよと。。。

しかもそれはChromeからだとな。

わざわざChromeをインストールして、

そこからFacebookピクセルヘルパーをインストールして・・・

あ〜面倒くさい(笑)

ガイダンスに従ってこれかな、と思われるイベントコードというものを

ホームページのソースコードに追加。

そしてやっとターゲット顧客層を定義して

広告枠を決めて発注。

いや〜難しい・・・

少ない予算ではあるけどまずMBAシェアハウスの広告を出しました。

明日以降はランニングシェアハウスとアクティブな社会人を応援するシェアハウス

それぞれの映像ファイルを作って広告出してみます。

どれくらい効果があるのかは定かではないですが

まずはやってみます(^^)

なかなか難しい作業でした(^^)

写真は久しぶりの夜ランです。

先日撮影した朝ランのときとほぼおなじアングルです。

時間がちがうと景色も違いますね。

今日は頑張って13.6km走ってきました。

20170310_1.jpg