48歳からの挑戦

47歳で脱サラ、48歳で起業したおじさんの奮闘ぶりをご紹介しています

NTT名義変更

いや〜今日は寒かったですね。

昨日は最高気温29℃で最低気温が18.7℃だったそうですが、本日の最高気温はなんと夜中1時の19.8℃!そこからどんどん気温が下がってきて日中は15.4℃までしか上がらなかったようです。なんと朝6時から夜22時までわずか1.4℃しか気温幅がないという不思議な1日でした。

日中の気温は14℃近くも下がったことになります。

この季節で初めて長袖を2枚着ました。

午前中ランニングシェアハウスのインターネット回線名義を変更する手続きをしていました。

NTT東日本のフレッツでギガ楽のサービスを使っています。プロバイダはNTT系のWAKWAK

昨年一般のルーターを使っていたのですが通信が安定せず、NTT東日本に相談して業務用として使われているギガ楽を設置してもらいました。3階建ての建物各階にアクセスポイントがついていて、現在は快適な環境です。

Wi-Fiの環境はハウスメイトにとってとても重要。出費はありましたがケチってはいけないところです。

このギガ楽、本来は法人向けのようでしてMBAシェアハウスの契約が法人契約であることから、こちらも法人に切替えることにしました。

まずはNTT東日本に電話。0120-116-116です。

名義変更なのですが、扱いとしては「電話加入権等譲渡」ということになるそうです。

NTT東日本から書類を郵送してもらいます。

こちらで用意するのは「現在の所有者である個人の印鑑証明書の原本」「登録している実印」と「新しい所有者となる法人の登記簿謄本のコピー」です。

書類が来たら指示に従って必要事項を記載し捺印。印鑑証明書と登記簿謄本のコピーを同封してポストへ。

これでNTT東日本の方は手続きは完了。

事務手数料は800円。印鑑証明書が250円、登記簿謄本が600円だったので合計1,650円かかります。

続いてプロバイダのWAKWAK

サポートセンターに電話するとやはり名義変更の手続き書類を送ってくれるとのこと。

こちらも「現在の所有者である個人の印鑑証明書の原本」「登録している実印」が必要らしいです。

NTT東日本の手続きが完了するとWAKWAKに通知が行き、パックとなっていた契約が一旦切れて割引が効かなくなるとのこと。

WAKWAKから送られてくる書類に必要書類を送ってその後別送されてくる「コース変更」の書類に必要事項を記載して返送。その後WEB上でパッケージ申請をすることでやっと割引ができるらしいです。

う〜ん、なんとも複雑なこの手続き。

ワンストップでやってもらえないものだろうか。。。

船堀のインターネットも近日こちらの法人名義に変更する予定で、やっとインターネットがほぼ一元管理できそうです。

シェアハウス運営事業で光熱費やネットの支払管理は意外と面倒。

私は電気はガス会社と契約することにしたので、ガス会社のWEBページで2箇所のシェアハウスの電気、ガスを一元管理できています。もう1箇所のシェアハウスのガスも近日こちら名義に変更して一元管理になる予定です。(電気はどうしても費用処理ルートを替えられず、別管理です)料金と消費量がグラフで表示されるのも便利です。

ここで水道です。東京都の水道局ではまだ電子化されていないため、WEB管理ができません。これ、なんとかならないかなぁ、といつも思う次第(^^)

他にも携帯電話や本社側のネット接続など光熱費とネット接続費の管理は、色々と手間がかかってるので、どうやって楽になれるかいろいろと模索中です(^^)

写真は友人からもらった松茸(^^)明日実家で両親と一緒にいただこうとおもいます。

20171013_1.jpg